年中無休 13時~24時(時間応相談)
大阪/摂津駅すぐ 悩み相談(電話・対面)/隠れ家サロン

申込み
幸せな女は知っている!『母から嫁にバトンを渡す』の意味

2016.06.01

幸せな女は知っている!『母から嫁にバトンを渡す』の意味

にゃん吉コラムとは男女の違いで悩み苦しんだ頃、昭和2年生まれの婆さんからヒントをもらった実際の出来事をコラムにしたもの






先人の智恵にヒントをもらい、男女が幸せになれるようにとまとめたコラムです

男女の違いで悩んでいるあなた!

お役立てくだされば幸いです




男ってなんて面倒!!

人間だけでなく動物もオスの方が
断然手がかかるという真実



 
   手がかかるうちのグッドルッキングガイ(笑)


男が家事や子育てを手伝ってくれず
イライラしている日本人女性は
かなりなのではないでしょうか



うん、気持ち無茶苦茶わかります(-_-メ)



昔から男は一生子供と言いますからね





昔から
母親から嫁にバトンを渡す』
と言います



少し前で歌舞伎役者の奥さんが、息子のバトンを早くお嫁さんに渡したいと話してました



そのバトンとは・・・・






幼いころ男の子は、何かとママに「これしてあれしてこうしたんだ!褒めて褒めて!」って話しますね



そんな時ママは『ふーん』じゃだめなのです






そこで
『凄いよね!じゃあ、次はこれもできちゃうんじゃないの!?』 などと次のチャレンジを促してあげます



すると男の子は『うん!やってみる』でチャレンジでき、また次の段階に進めますね



そうやって男は女のお役に立つこと頼られることが一番の生き甲斐となって生きていけるのですね








そこを頭において例えば



『本当はとても優しい人だから、ゴミ捨てやってあげようと思ってくれてるよね~いつもありがとう』



お礼まで先に言っちゃうと、男は喜んでそうだよ!ってやってくれます




すると男は『よし優しくしたらもっと褒めてもらえるかも!』って単純に頑張って優しくできちゃうのです




だけど毎回言わないといけません・・・
何せ永遠の男の子ですから(苦笑)




      おじさんだって喜んで頑張れる!

 


男を育みましょうね♪



ただし彼がもっといい男になる人だと信じて彼のために言うこと!



だって女性に優しくしたら確実に勝利の女神微笑みますからね




自分の都合の為だけに言ってる小悪魔はそのうち本当に地獄に落ちますよ






    地獄に落ちる前に・・・



これね永遠にバトン持ってる限り死ぬまで続くんです


女からしたら、『超!面倒』(-_-メ)



でもこの繰り返しが
凄い男を世に送り出すのですね~


 


マツコデラックスさんの名言の記事がありましたのでご紹介、子育ても男育ても同じです



子育てって面倒くさいことの連続よ

子育てに限らず、生きるってことは面倒くさいことを次々と乗り越えてゆくことよ

でもそれらから眼をそらし続けてゆけば、親子関係もお母さん自身も、そしてもちろんお子さんも現実を直視することのできない人間になってしまうわ

面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの

頑張って、面倒くさいことを





出典 エキサイトニュース




~~~今日の先人の智恵~~~

男を育むことを昔からバトンと言います

義理母から嫁へバトンが渡ります






~~~~~~~~~~~~~~



昔から、凄い男のそばには必ずもっと凄い女性(母なり嫁なり)がいてると言います

いい男がいない・・・・って嘆く前に、男を育てて育むのが女の役割なのですね






白馬に乗った王子様なんていません!ほら王子様乗ってないでしょ!





初めから完璧な男性なんて実はいないのです



白馬の乗った王子様なんていません



だけどあなたが彼(旦那様)を白馬に乗せちゃうのはできますね!



男を育むと、男は必ずあなたの元に帰るし大きなギフトをもたらしてくれますよ




相手を変えようと思ってはダメですよ


上手くいかない人は、相手を変えようと思ってます


相手を育てる、育むのです

 
いい男は育てていくものです(*´з`)






心のもつれを紐解き「恋の魔法」をかけてみませんか?

彼の気持ちを知りたい方はこちらから




     

    





ちゃぁみいさんによる写真ACからの写真 
なのなのなさんによるイラストACからのイラスト